言の葉を着こなせるか?
あたらしいイベントに関わることになった。こんなクソ忙しい時によりによって、自分をクソ追い詰めるようなことを…、と思うのだが、クソ仕方ない。それが僕のクソやりたいことだったからだ。クソっ!


仕事面では今の会社に入って以来、僕の役割の中でもっとも責任の重たい企画が動き出している。そして、初の出産。これは人生の一大事だ。僕が産むわけじゃないので妊婦体操はしなくていいんだけれど、なにかと大変だ。いや、きっとものすごく大変なんだろう。


でも、息子よ、パパを許せ。パパは正直に生きると決めたのだ。欲しいものは欲しいとお前と一緒にじたばたしながらグズるのだ。わっはっは。


でね、その企画というのが「詩人類T-shouts!」というのです。


言葉を生業とする人々が作るファッションブランド。なんだかわからないでしょ?簡単に言うと…簡単には言えません。言葉を使う人々がイベントを通じ、ただ、言葉を提供するのではなく、ファッションを通じて、新たな言葉との関係性、言葉の文化を発信しようというもの。


これね、実は僕がずっとしたかったこと。僕は東京に来る前は大学やファッション関係の専門学校で文化論の講師をしていた。テーマは「身体―言語」。いつも身体と言葉の関わりを軸に作品を考えていた。5年前に一度、言葉を使ったTシャツのブランドを立ち上げようとしたが、色々な理由で頓挫してしまった。


出会いというものは面白いね。


どこでどうつながるかわからないものです。まさに、鴨ネギなき企画を古くから付き合いのある桑原滝弥という詩人が持ちかけてきてくれた。彼は僕が「RADIO DAYS」を結成し、地方に巡業し始めた頃に知り合った。スタイルは全く違うものの、活動的な彼をみていると、なんだか、嬉しくなった。一緒に戦っている心強い仲間のような気がしたからだ。


「言の葉を着こなせ。」


これは桑原氏が考えた「詩人類T-shouts!」のとっても素敵なキャッチ。僕はこれをきいてすごく驚き嬉しくなりました。僕が5年前にしようとした言葉のTシャツのキャッチが「Dress ths word」だったからです。「言の葉を着こなせ。」のまったく直訳です。これには運命みたいなものを感じました。


ファッションというのは言葉を着ることだと思います。それは衣服だけではなく、文化とは言葉を纏うことなのです。本来、衣服は暖をとるためなどの利便性でいうと、それ以上の価値がそこに生まれるはずはないのです。しかし、人はそこに、それ以上の意味を持たせる。


日本語、英語、中国語、言語に色々とあるように、ファッションにも色々とある。言葉は方言や年齢層、文化層によって話す言葉が違う。ファッションにも流行があり、職業や年齢で違いがある。


服を見るとその人がどのような人かだいたい分かる。


誰にでも服で人を判断した経験があるはずだ。でも、不思議なことに、誰も、その服を着ろと言われて着ているわけではないのに、服に無頓着を装っているはずなのに、気が付くと、オタク系の人はオタク系のファッションで身を固めているし、赤坂OLは赤坂OLなスタイルになってゆく。


でも、言葉を装うことに意識的になれる人がどれだけいるだろうか?


本当に多くの人が、服の身だしなみについては考えるのに、言葉の身だしなみについては無頓着なんじゃないでしょうか?


言葉に着られているということが案外あると思う。でも、言葉をオシャレに着こなすなんてことも考えてもいいんじゃないかしら。こんなに情報が溢れている社会だからこそ。


情報化社会では、一人の人はひとつの情報に過ぎないと言われる。パソコンを解体すると出てくる電子基盤。あれをひとつの街と仮定してみよう。すると一人の人はそこを行き来する電気信号なのだ。つまり我々自身が、ひとつの信号なのだ。


Tシャツは極めて現代的で特殊な衣服だと思う。衣服の中にメッセージとして言葉を使い始めたのはいつからだろうか。おそらく、その歴史はかなり浅い。その歴史はまさしく、Tシャツとともに発展してきた。プリントの技術が向上し、それを制御するパソコンも進歩する。まさに情報技術の進化とともに、Tシャツが進化したのではないかというのが僕の仮説。


Tシャツを着ることで、我々は情報になりきることができる。まさにメッセージそのものになれるのだ。それは衣服の究極の形。ファッションは言葉。そして、身体が直接言葉を着る時代になった。本はもう古い。PCももう古い。これからは自分自身がアトムという情報になりきる時代だ。


「脱ニート宣言。わたしに素敵な仕事をください!」みたいにね。求人を主張してみたり。


これからは自分のメッセージをTシャツに込めることにもきっと抵抗がなくなってくるだろう。繊維に編みこむことができる特殊な液晶モニターに自分のお気に入りの写真やメッセージを表示させる時代もいずれやってくるに違いない。


Tシャツはこれからの時代の高度なコミュニケーションツールなのね
[PR]
# by t-shouts | 2006-08-07 02:46 | 詩人類-里宗巧麻
美人さん?
c0081716_234422.jpg






美人さん
なのか
美しい太陽
なのか
美少年の息子
なのか

いづれにせよ
ここは床屋の『ビューティー.サン』

歌舞伎町のホストクラブが並ぶビルの裏に、
小さく主張しているこの床屋さんは、
男女共に大歓迎!
看板の最後に切り張りした
『女』『男』の文字がいい!


「ここ少し隙間があるからなんか字足しとくか?」
「そうね。うちは男女両方面倒見るとこ主張しときましょうよ?」
「そうだな。そうしよう!」
と床屋の主が切り貼りしていると、
それを見ていた床屋のおかみが
「ねえあなた。『男』『女』の二文字の配列は上段と変えましょうよ。
変化をつけたほうが印象に残ってよ。」
「そうか?そうだな。そうするか。」

こんな会話が聞こえてくる・・・。


隙がある。
完璧じゃない。
人間らしい。
機械じゃない。


実にそこが私好み!

職安通りの韓国料理屋へ行く道すがら、
思わず目にした面白看板。
お気に入りです。

そんな私は神田京子☆
この後本場韓国の焼肉を、唐辛子たっぷりで食してぶっ倒れた、
食に貪欲な29歳。
ゴチになったら残さない!
これが私の鉄則です。

今度は講談の説明続き書きます~。

バイバイ。
[PR]
# by t-shouts | 2006-08-03 23:38 | 詩人類-神田京子
どうして私はマッドシティからやって来るのか
みなさまこんにちは、はじめまして。
千葉県松戸市、マッドシティからやって参りましたマスイジュウと申します。

私は、必ずマッドシティからやって来ます、来る。
どうして私はマッドシティなのか、やって来るのか。
それは生まれ持った性癖のようなものであり、
個性というものだ。

マッドに、ただひたすらに、狂気を身にまとい、
何にでも味の素を振りかけて味の均一化を図るようなことはせずに、
そのアイデンティティを常に保持しておく為に私は狂気を目指す。

MAD・・・もうあいつダメなんじゃん?
のように思われがちだろうが知ったことではない。
私はマッドシティの光から地方出張へ。

目的の為ならば手段を選ばない、迷惑だってかける、
もう何だってする、バーリトゥード感覚で、
それでいい、そうでなければ自分が通らないから、
マッドシティの誇りだ。

狙っている。常に計算高い私だ。
布石だ。常に半歩先を読む。

考えてから行動するから誰かから嫌われてしまう、
迷惑をかけてしまう、もう二度と足を運ぶことも出来ない、ということは
分かっている。
分かっている。
分かっておりますよ。

それでも、それでも自分の要求、満足のためには
人を裏切るような行為をあえて行うこともある。
月餅がどうしても食べたければたとえ盗んででも食う。

おかしい、人として間違っているよ、と言われても
要するに私はわがままなので受付時間は過ぎています。
知っててやってる私は俯瞰して眺めているような
第三者的な視点を常に持っており、
これこそがマッドシティが私に与えた教育で、
俗にマッドマインドと呼ばれるものです。

友達なんか要らない、一人きりでいい、
なんて思っているのにめっちゃサークルに入りたいのは何故だろう。
やっすいコーラ(60円自販機とかで売ってるアレ)を忌み嫌い、
コカコーラ(デファクトスタンダード)ばかりを追い求める姿勢。
マッドマインドを持ちながらも、それに満足しながらも、
パンピーになりたい私は半端者。

何故だろう、マッドシティのマッドな教育には
友達や家族や、仲間という項目はないのにね。
私は私だ、風に吹かれるだけだから。
なのに何故だろう。




狂っていると自覚している私は狂ってはいない。
[PR]
# by t-shouts | 2006-08-01 13:57 | 詩人類-マスイジュウ
お後お楽しみに京子でお付き合いを願います●
(●は張り扇一回パン)

よく、落語と講談の違いは何ですか?と聞かれますが、
見た目の問題が違いますね。
落語と申しますと、座布団の上で右向いて左向いて話を進めていって
最後に落ちを着けるというのがオーソドックスな形ですが、
講談というのは、目の前に釈台をおいて、この張り扇というもので
パンパン●●リズムを取りながら話を読み進めてまいります。

(-_-)/~~~ピシーリ一鞭加えるや●
はいよ~、パッパッパッパッパッパッパッパ●●●
馬声(ばせい)を助くる力声
手綱(たずな)さばきも鮮やかに
乗り出だしたるその有様は●●
げにや鞍上(あんじょう)人なく鞍下(あんか)に馬なく
お筒は煙のごとくに混沌として砂煙(すなけむり)●
土煙(つちけむり)たて疾風のごとくに駆け出だしたり~●●●

てまあ、こんなことをするんですが・・・

・・・ここ、拍手いただくとこなんですけど。


もうひとつ違いがありますね。
話の長さが違うんです。
落語と申しますのはどんなに長くっても30分40分あれば
終わることになっておりますが、講談(講釈)というのはひとつの
お話が完結いたしますのに、10話20話とかかってくるわけです。
ですから、どんなに長くっても・・・

10日間。

長くて1ヶ月。


なんてことも、あるわけですよね~。
有名な忠臣蔵というお話は、
本伝、外伝、銘々伝、なんてのがありますが、これは
全部あわせますと200席以上なんて言われています。
だから、たとえばこういった会場をお借りして、
『忠臣蔵興行!』と銘打って会を始めたといたしましても
演者の方はネタを変えていけばいいですが、お客さまが
続かない!という寂しい状況に陥ったりなんかいたしまして・・・。

これは江戸時代から同じだったそうです。

じゃあどうやってお客さんの足を運ばせるのか?●


このお話はこの後が面白くなるところですが●●
この続きはまた次回!

平成の講釈アイドル神田京子でした☆彡
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-31 15:59 | 詩人類-神田京子
マスイジュウTシャツデザイン
不条理を纏え!

マッドシティからやってきた謎の生命体による下克上。
※発売中。
c0081716_0522441.gif

c0081716_0523438.gif

(※デザインは実際と異なる場合がございます)





定価4000円。
サイズ:XS、S、L、XL
※XS、Mサイズはおかげさまを持ちまして完売いたしました。

ご希望の方は
詩人類T-shouts!Tシャツ受付窓口
までメールにて受け付けます。
希望商品、サイズ、合計枚数と、住所・氏名・電話番号を明記して
お申し込みください。

※通販購入の場合は別途送料1枚につき500円がかかります。
商品の発送はご入金が確認されてからとなります。
商品到着までに一週間~二週間ほどかかる場合がございますことを
予めご了承ください。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-30 00:52 | Tシャツ
里宗巧麻Tシャツデザイン
体が本になる!

あらゆる文化・空間をデザインする言の葉マジシャンによる実験的意欲作。
※発売中。
c0081716_051945.gif

c0081716_0511887.gif

(※デザインは実際と異なる場合がございます)




定価4000円。
サイズ:XS、S、M、L、XL


ご希望の方は
詩人類T-shouts!Tシャツ受付窓口
までメールにて受け付けます。
希望商品、サイズ、合計枚数と、住所・氏名・電話番号を明記して
お申し込みください。

※通販購入の場合は別途送料1枚につき500円がかかります。
商品の発送はご入金が確認されてからとなります。
商品到着までに一週間~二週間ほどかかる場合がございますことを
予めご了承ください。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-30 00:51 | Tシャツ
神田京子Tシャツデザイン
目指せ講談カジュアル化!


和テイスト溢れる講釈アイドル粋Tシャツ。
※発売中。
c0081716_04585.gif

c0081716_0451847.gif

(※デザインは実際と異なる場合がございます)




定価4000円。
サイズ:XS、M、L、XL
※上記デザインの色違いヴァージョン(紺地・赤抜き)もございます。
※Sサイズはおかげさまを持ちまして両ヴァージョン共完売いたしました。

ご希望の方は
詩人類T-shouts!Tシャツ受付窓口
までメールにて受け付けます。
希望商品、サイズ、合計枚数と、住所・氏名・電話番号を明記して
お申し込みください。

※通販購入の場合は別途送料1枚につき500円がかかります。
商品の発送はご入金が確認されてからとなります。
商品到着までに一週間~二週間ほどかかる場合がございますことを
予めご了承ください。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-30 00:46 | Tシャツ
桑原滝弥Tシャツデザイン
初回プレス完売につき増刷決定!


記念すべき「T-shouts!」第一弾作品。
※発売中。
c0081716_0435558.gif

c0081716_0441390.gif

(※デザインは実際と異なる場合がございます)

定価4000円。
サイズ:XS、S、M、L、XL


ご希望の方は
詩人類T-shouts!Tシャツ受付窓口
までメールにて受け付けます。
希望商品、サイズ、合計枚数と、住所・氏名・電話番号を明記して
お申し込みください。

※通販購入の場合は別途送料1枚につき500円がかかります。
商品の発送はご入金が確認されてからとなります。
商品到着までに一週間~二週間ほどかかる場合が
ございますことを予めご了承ください。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-30 00:44 | Tシャツ
ここだけのはなし
ひとつ不思議なことがある。どうして、日本人は日本語のTシャツを着ないんだろうってこと。


とにかく日本語ってデザインとして、美しい。漢字、カタカナ、ひらがな、alphabet。縦書き、横書き。世界一バリエーションに富んでいる。なのに。


あれかな、ほら、日本人って照れ屋さんでしょ。「愛してるぜ!おっー!」みたいなTシャツを着るのは抵抗があるのかもしれない。


でもね、この前「crazy boy」ってTシャツをおばさんが着てて。それってきっと息子か誰かのTシャツで、そこに何が書かれているかなんて気にしていないんだろうね。


でも、「狂人」とか書いてたら着ないよね、普通。わかんないけど…。


でぶっちょでどうしようもない男の子が英語で「みんなが私の魅力にクラクラ」なんてTシャツを着ていてね、それはそれで素敵なんだけれど。


唐突だけど、Tシャツってもっと自己主張してもいいんじゃないかしら。単にデザインがかっこよいとか当たりさわりないとか、そんなんじゃなくて、自己主張。


Tシャツはとても不思議な服だと思う。そう、ちょうど、渋谷や新宿にあるビルディングに似ている。


単なる広告というのではなく、広告で全体を覆うことで、存在を透明にしている。つまりTシャツって主張するものじゃなく、自分を隠すもの。バリア。それが正しいあり方。


どうして、日本語のTシャツがあんまりないのかって。それは怖いんだね。じゃあ、だからこそ、今、敢えて日本語のTシャツがカッコイイと思う。日本語が旬。


もう、なんでもありでやりつくされた感のあるTシャツの中にあって、こんなに新しく、インパクトのあるTシャツもないんじゃないかな。


着ている人の存在を消すといえばかき消すこともできるし、自己主張したいと思えば、強烈に主張もできる。


着る人が本になれちゃうなんて素敵じゃない?本屋の棚でそっとTシャツがダンボールの箱で売ってたりしたら素敵だなって。本の1ページを着て歩いて、まるでジグソーパズルの1ピースみたいにさ。すごくポエジー。で、しゃれてる。


これから、きっと流行ると思うよ。でも、まだ早いかもしれない。勇気のある人は人気者になれると思う。ねえ、誰か勇気のある人いない?


申し遅れました。わたくし、RADIO DAYSの里宗巧麻と申します。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-29 03:14 | 詩人類-里宗巧麻
ご相殺

記念すべきはずの一発目の投稿が、こんな不吉なタイトルになってしまったのは、
俺が地方出身者であり、さらには世代的に80年代ヤンキー&パンク文化真っ盛りの中ですくすくと育ったせいであると八割方思われるが、実にまったくその通りだ!
しかし、話はそれだけじゃ終わらない

残りの二割について話そう

俺は詩人であり、独身男性であり、若い人たちから見たら35才のたよりないおっさんであり、
この世界を動かしている成功者から見たら未来を嘱望されている若手芸術家であり、
いつまでも自立できない世代のひとりでもあり、元犯罪者であり、
かわいいケツの持ち主であり、冷たい隣人であり、人込みの中のゴミであり、
なんでもありであり、なんでもなしであり、ありありありありありありありあり・・・んこだ!!

こんな自分にうんざりもしているし、こんな自分でよかったとも思っている

そして、何の因果かこの駄文を読んでくれているあなたと、
愛しあうこと、殺しあうこと、互いに色とりどりの袖を振り合えることのできる可能性を持った、
あなた次第の、わたし次第の、だれかであれたらいいな、と思っている

故に、ここで俺は一度死ぬ
できたらあなたも死んでくれ
互いの胸を差し出し合おうじゃないか

ここまで読んで君はそれそろ気が付く頃だ。そう、
これはまったく気違いの書いている文章であると!
その通り!!

人を愛してしまったときに生まれる、あの、どうかしてしてしまっている感覚・・・
恐怖であり、恍惚であり、一瞬であり、永遠であり、
そして、それは”詩”そのものである、あの、何よりも尊い気違いの感覚で、
俺はいま、書いているんだ

「詩人類T-shouts!」
お前と俺は出会った
出会ってしまった
はじめまして
殺し合いをはじめましょう

そこからひとひらの”言の葉”が生まれることを信じて☆

・・・これが、「ご相殺」の理由の、実は1.9割
残りの0.1割はいつか
楽しみに取っておこう

よろしく

桑原滝弥


※「詩人類T-shouts!」は今後、さまざまな”言の葉”にこだわりをもった作家のTシャツをリリースしていき、またライヴイベントも定期開催していきます。このブログ上でも、桑原滝弥以外の作家・スタッフたちも続々登場していきますので、ご期待ください。


(桑原滝弥プロフィール)
1971年三重県生まれ。詩人。
演劇・音楽活動などを経て、1994年より本格的に詩作を開始。
以降、舞台・映像・紙誌・電波・路上・日常・ベッドの上下etc.あらゆる時空を”詩”つづける「反逆のポエトリーアイドル」として多分野で活躍中。著書に、詩集「花火焼」(にこにこ出版)。
2006年1月からは、”詩の向こう側の詩”を目指して、他メディアとのコラボレーションに積極的に取り組む新団体「詩人類」を旗揚げ。今回の「t-shouts!」もその一環として立ち上げた。
[PR]
# by t-shouts | 2006-07-23 20:31 | 詩人類-桑原滝弥