<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
エキサイトブログの取材文にエキサイト!!
すごいね~。
こないだの9・9『詩人類』T-SHOUTS☆彡
取材にいらしてた記事を読んだけど、
大絶賛じゃあありませんか!
たぶん第一回目ということで、
詩人をライブで見ることのあまりない
演芸ファンとか、
演芸にあまり精通してない
詩人ファンとか、

『いこっかな?』
『やめとこかな?』

という迷いで残念ながら足を向けられなかったかたがたも
多かったと思います。
当日座席は満員でしたが、
立ち見は少しでしたのでね(笑)。

でもでもっっ・・・
じゃじゃ~ん!

→○●○ニュース●○●

出演している私もめっちゃめちゃ楽しかったので
次回11月11日は来てくださいよ~。
私もきっと乗り込みかけると思います~。

そしてまたあ~れ~っ
て回ろうかな?
Tシャツ、ネットでも売ってるから買ってねん★

京子よりより。
[PR]
by T-shouts | 2006-09-22 15:12 | 詩人類-神田京子
11・11「LIVE 其の弐」参加者募集
きたる11月11日(土)久米繊維工業プレスルームにて開催される、
「詩人類T-shouts! LIVE 其の弐」では、
自らの頭の中に浮かんだ、オリジナルの言の葉Tシャツの原案を、
当日会場にて、お客様の前でパフォーマンスを通じてアピールしてくれる、
未来の詩人類を大募集!!

未発表の、言葉をあしらったオリジナル作品があり、
人前に立つ勇気がある方なら、どなたでも参加可能
審査の上、合格者のみご連絡差し上げます



ライヴ当日は、全参加者のプレゼン・リーディング後に、
お客様に、商品化してほしい作品ひとつを選んでいただき、
もっとも得票数の多かった作品を、「詩人類T-shiouts!」から公式リリースいたします☆

問い合わせ:TEL.080-1101-5714(担当・井出)
[PR]
by t-shouts | 2006-09-13 22:47 | イベント情報
「詩人類T-shouts! LIVE 其の弐」情報
11月11日(土)
【詩人類 T-shout!】LIVE  ~其の弐~
開場・17:30
開演・18:00
料金・1000円
出演・桑原滝弥、他

会場・久米繊維工業株式会社 プレスルーム 
    東京都墨田区太平3-9-6 TEL.03-3621-1230 
    (JR総武線・横須賀線、東京メトロ半蔵門線、各「錦糸町」駅より徒歩5分)
     錦糸町B食MAP http://www.t-galaxy.com/company/mbisyoku.htm

問合せ・ 【詩人類 T-shout!】 http://tshouts.exblog.jp/
      TEL.080-1105-5714(担当:井出)

※各方面で大好評を博した「詩人類T-shouts!」のライヴイベント第二弾。
 今回は、詩人・桑原滝弥と、刺青師・HANとの新作コラボTシャツ発売記念ライヴと、
 一般公募による「わたしのTシャツ着てください」大プレゼン・リーディングの二本立て。
 前回以上の強い夜の予感。見逃すな!!
[PR]
by t-shouts | 2006-09-13 22:05 | イベント情報
exciteニュース登場
いまだ興奮冷めやらぬ、9・9「詩人類T-shouts! LIVE 其の壱」
目撃したあなたも、見逃してしまったきみも、これを見て11・11の第二弾に備えよう!!

と、いうわけで、明日(14日)のexciteニュースに、
9・9のリポートが掲載されます

http://www.excite.co.jp/news/bit/
[PR]
by t-shouts | 2006-09-13 21:49 | イベント情報
感謝感激花火焼☆
みんな!!
昨日は「詩人類T-shouts! LIVE 其の壱」にご来場いただき本当にありがとうございました

次回イベントは11月11日(土)
すでに昨日のイベント終了時からアンケート用紙にて受付開始した、
「わたしのTシャツ着てください」大プレゼン・リーディングSPにエントリーが続々…

近日中にこちらのブログにも募集要項掲載しますのでどすどすご参加くらさい~~
いっlしょに布切れで世界に羽ばたこうぜ!!

とにかく昨日はあなたに会えてうれしかった☆
このまま、どっか知らない所へ行こっっ アハン? 
よろしく
[PR]
by t-shouts | 2006-09-10 11:20 | 詩人類-桑原滝弥
T-shouts!ラジオ登場
毎週土曜日11時~文化放送にて好評放送中の、
「志の輔ラジオ土曜がいい!」に、9月9日(土)T-shouts!が登場!

T-shouts!メンバーである、我らが講釈アイドル・神田京子がレギュラーをつとめる、
街頭生レポートコーナー「町の中から」(12時25分頃~)にて、
「LIVE 其の壱」開催会場・久米繊維工業プレスルームからの生中継が行われる

開演まであと数時間と迫った緊迫(?)の現場を、
神田京子が講談調でブッた切る!!
他T-shouts!メンバーも登場予定

9月9日(土)は、ラジオを聴いてから、会場に集合しよう
是ただしい詩人類の過ごし方也☆パンパン
[PR]
by t-shouts | 2006-09-07 14:18 | イベント情報
「詩人類T-shouts! LIVE 其の弐」予告
来たる11月11日(土)、久米繊維工業プレスルームにて開催される、
「詩人類T-shouts! LIVE 其の弐」

T-shouts!第二弾目となる本イベントでは、
「わたしのTシャツ着てください」大プレゼン・リーディングSPと題して、
広くTシャツ原案を募ります

あなたの言の葉が、詩心が、その他押さえ切れないなんでもかんでもがTシャツになる!?

詳しくはいよいよ明後日と迫った「LIVE 其の壱」にて発表
見て、参加して、世界を変える「詩人類T-shouts!」に乞御期待!!
[PR]
by t-shouts | 2006-09-07 13:20 | イベント情報
Tシャツ文化の可能性
染色を生業にしていた頃がある。自然の植物から繊維を取り出し、糸を紡ぎ、ハタを織る。そうやって気が遠くなる手間をかけてできた生地を自然の植物から取り出した染料で染める。


繊維から、染料、触媒まで、全ての素材を野山に行って自分達で調達する。そうやって時間をかけてこしらえた布はある意味で、現代という時代からは逆行しているように思える。


こんなスピードの時代、値段は高いし、どこにでも売っていないし、洗濯機で洗えないような草木染。でも、なぜか商品は結構飛ぶように売れた。


一方で、安価で一人一人にカスタマイズされたデザイン、丈夫で長持ちのTシャツはどこにいっても簡単に手に入る。Tシャツだけを売るインディーズショップを最近街中でよくみかける。


この二つはまるで違っているように見える。しかし、これらのものを人が欲する理由にはかなり共通したところがある。それはなにか。


モノがなかった時代、人々は衣食住の必需品を手に入れることで精一杯だった。でも、それらが満たされた我々は「どんなものを手に入れるか」ということに頭を痛めるようになった。


流通も不確かな時代、農民は農民の身なりをしていた。坊さんは坊さんの格好をし、与太は与太、商人は商人のユニフォームを着ていた。それしか手段はなかった。スタイルはそのまま、その人の人とナリを伝えていた。


しかし、今、そんなに無理をしなくてもどんなものでも手に入る時代。モノはあらかじめ行き渡り、価値観もなにもかもお金で買える時代になった。昔のように一見しただけで、その人の経済状況や職業を判断するのは難しくなった。


価値観があらかじめ壊れて、平たくなったこの現代を、ある美術評論家は「スーパーフラット」と表現する。しかし、だからこそ、今、自分の価値観を表現することが意味を持つ時代である。


人はブランドに身を固め、好みの音楽に合わせてスタイルを変え、しゃべり方や性格までカスタマイズする。自分自身を着替える時代がやって来たのだ。


モノはただ良いだけでは売れなくなった。「それがなにと繋がっているか」をハッキリしないと誰も買わなくなってしまったのだ。誰のために?このメッセージを忘れると、買ってもらえない。


「人はもう商品を買わなくなった」と言われる。では、何を買っているのか?わたし達は「関係」を買っているのだ。


現代における染色とTシャツが同じ意味を持つのはココです。つまり、何に繋がろうとしたのか、ということ。


草木染はナチュラルやエコロジー、地球に優しい自分に繋がりたくて、購入する。Tシャツはいわば自由ノート。セックスピストルズが好きだったら、破れた服を着なくても、ピストルズと書いてあれば、それでいい。Tシャツに森の絵を書けば、メッセージとしては草木染と同じになるわけです。


もちろん、草木染めはまったく別物です。風合や肌触り、機能性もTシャツとは全く異なります。これは喩えです。でも誰もが草木染を買えるわけではありません。


今の日本人にとっては、自分が何と繋がっているのかというメッセージの方がより大きな意味を持つということです。そういう意味でTシャツはものすごく現代的です。もうメッセージボードそのものです。衣服以上の意味を持っている。いや、衣服の意味の部分だけを抽出したような存在とも言えます。


きっと、今後、Tシャツはもっと大きな文化をつくっていくと思う。もっとメッセージを自由にカスタマイズできるようになり、個人のメッセージだけでなく、団体のメッセージやピクトグラムのような意味を持つサインとして。自分のメッセージを発信するだけではなく、メッセージを交換したり、自分自身へのメッセージとしても発信する。衣服という存在を超えて新たな意味を持つかもしれません。


それは新しいメディアとなって、情報を発信していく場になっていくでしょう。例えば、自分の絵や詩をTシャツにして、街で出会ったらサッカーの試合終了後みたいに、お互いにTシャツを交換したりできたら、本当に素敵だなぁ。
[PR]
by t-shouts | 2006-09-05 23:01 | 詩人類-里宗巧麻
9月9日「詩人類T-shouts!」イベント
c0081716_0195067.jpg

9月9日(土)
~其の壱~
出演 : 桑原滝弥 神田京子
      里宗巧麻 マスイジュウ

開場 : 17:30
開演 : 18:00
料金 : 1000円
会場 :久米繊維工業プレスルーム
[PR]
by t-shouts | 2006-09-03 00:24 | イベント情報
♪一週間の唄♪
あと一週間じゃあないですか!
T-shoutsまで!!
忙しいぞ~。
みんな来てね。
いろいろがんばるよ。
みんな買ってね。
かわいいTシャツばかりだよ。
寄席では見せない京子になるよ。
ああ忙し忙し!!


今日土曜日日舞の稽古行って・・・
日曜日NHKラジオ第一サンデージョッキー・・・
月曜日日舞稽古・・・
火曜日くにまるワイド(文化放送)・・・
水曜日に友達が来て・・・ 
木曜日は送っていった
金曜日は糸巻きもせず
土曜日は・・・・・・

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー
テュリャテュリャテュリャテュリャーリャー
[PR]
by T-shouts | 2006-09-02 07:31 | 詩人類-神田京子